土を守り 水を清め 野菜をおいしく 土と水と共に生きよう 海洋ミネラルサンゴ

沖縄サンゴから最新情報をご紹介します。

イベント
2018.03.30

沖縄県の天然資源であるサンゴの骨格を食品として研究開発して参りました私たちは、この度沖縄県よろず支援拠点様のご支援を戴いて伝統のある新潟伊勢丹様の【春の丹青会】催事に出展させて戴きました。

【ヘルシーエイジング 優雅に年齢を重ねるために】と題してセミナーを開催致しました。

誰もが「若々しく元気に年齢を重ねたい」と願う時代の中で、サンゴのマリーンミネラルの価値に触れた方々は大変驚いておられました。

会場には地元の越後白雪茸研究会会長 小西徹也先生もお運び戴いて趣旨に賛同され、これから【ヘルシーエイジング】のヒントを共にお伝えしていくことになりました。

地元燕三条からもステンレス加工の技術者の皆さんが参加されて、展示した【センチュリアン】が高い評価を受けました。
【センチュリアン】はマリーンミネラルの給水器として30年の歴史を持つ逸品です。
燕三条のステンレス加工の優れた技術によって作り上げられています。

この度、沖縄県よろず支援拠点様のご縁を戴いて、新潟県と沖縄県の協働による真の【ヘルシーエイジング】が始まります。

【水はいのちの根源】と言われます。
新潟県の技術と沖縄県の海の資源が私たちの健やかな暮らしを支えます。

左:越後白雪茸研究会会長 小西徹也先生 右:沖縄サンゴ株式会社代表 北村惠子
イベント
2017.11.13

2017年10月に開催されました『国際農業資材展』の会場で、渡辺和彦先生にご講演戴きました。
渡辺先生は【土が健康であれば作物も美味しく健康に育ち、それを食する人間の健康にも寄与する】 【土⇨作物⇨人】これは繋がっているというスケールの大きなご研究をされておられます。

イベント
2017.09.21

2017年10月11日(水)〜13日(金)
10:00〜18:00(10月13日(金)のみ17時終了)

私どもは2014年の第4回 国際農業資材EXPO(幕張メッセ)に出展し、高い評価を戴きました。
サンゴカルシウムを田畑に活用して「微生物の力を借りる」この農法では作物がおいしくなり、通常の倍近い鮮度保持ができます。
今回の展示会においては会場に本農法で育てた農作物を展示致しますので是非ご覧いただければ幸いです。
最終日10月13日(金)には元東京農業大学客員教授 渡辺和彦先生による講演会を開催致します。

講演タイトル『ケイ素の植物、人での働き』
10月13日(金)12:00〜12:30
渡辺和彦先生
元東京農業大学客員教授、一般社団法人食と農の健康研究所 理事長兼所長


沖縄サンゴ株式会社 栽培技術指導員 坂井等(新農法で栽培しているメロン)

水素・ミネラル農法通信
2017.08.15

大ハウスのメロンは交配が始まりました。
パプリカとともに元気に成長中です。
メロンは10月6日頃の収穫予定です。
小ハウスでは、その後のメロンを栽培中です。